外国人技能実習制度とは

 

外国人技能実習制度とは

主旨


外国人技能実習制度とは、海外(対象国)の青壮年技術技能者をある一定期間、日本の生産業企業が雇用関係の下、受入れ、技能等を修得させることを目的とした制度です。

正しい理解のもと当制度を活用することによって、来日する技能習生にとっては実習で得た高い技術の修得と貴重な実体験を帰国後の職業生活に役立てることができます。また、実習制度を活用される側にとっては、関係国との関係強化、経営の国際化と社内の活性化にも大きな効果を果たします。

受入れ可能職種(別表)に該当する企業は、監理団体(団体監理型)を通じて技能実習生を受け入れることができます。

POINT 1

POINT 2

これまで技能実習生の受入れ期間は、最長3年間となっていましたが、新たに条件を満たすと最高5年間まで実習期間を延長できることになりました。

POINT 3

介護実習生に関する詳細等は弊社までお問い合わせ下さい。